パソコン資格

パソコン資格は日商PC検定がおすすめ!事務職に就職できます【複数資格が必要】

 

パソコン資格を取得して事務職に就きたいと思っているけど、どんな資格を取ったらいいのか分からない。おすすめな資格を教えてほしい。

と疑問に思っている人の悩みを解決します。

 

 

パソコン教室の講師歴7年です。今までに1,000名以上の受講生に教えた経験があります。現在は、個別に教えたり、ブロガーとして活動中です。

今までの対応してきた事務職を目指している受講生の経験を元に解説していきます。

 

パソコン資格は日商PC検定がおすすめ!事務職に就職できます

事務職におすすめなパソコンの資格は、日商PC検定です。
なぜなら、日商PC検定は、パソコンの知識と実技の両方を身に付けることができる資格だからです。

 

ポイント

日商PC検定は、パソコンの知識と実技の両方を身に付けることができる

 

日商PC検定ってどんな試験なの?

日本商工会議所が主催となっているパソコン検定です。
パソコン以外だと日商簿記が有名ですね。

試験の種類は、文書作成(ワード)、データ活用(エクセル)、プレゼン資料作成(パワーポイント)の3つです。

試験の難易度は、Basic、3級、2級、1級の4つあります。

試験の内容は、実務に特化しています。そのため、就職後もスムーズに業務を行えます。

 

ポイント

日商PC検定は、実務に特化している

 

どういったところが実務に特化しているの?

実際の仕事で使うようなデータを用いているところです。

例えば、ワードだと、案内文書や推薦文書。エクセルだと、アンケートの集計や月ごとの売上集計。
そのデータを追加や修正を行って、完成させるという問題です。

実際の仕事では途中のデータから業務を行うことが多いです。その状況を想定した作りとなっています。

 

ポイント

実際の仕事で使うようなデータを用いている

1つのデータを完成まで作成できるようになる

 

何から取得をすればいいの?

まずは、文書作成3級から取得をしていきましょう。

文書作成3級についての内容
日商PC検定文書作成3級を分かりやすく説明します【一発合格の方法も解説】

 

なぜMOSをおすすめしていないんですか?

MOSを取得しても実務で活かせないからです。

MOSは、様々な機能を身に付けることができます。しかし、機能をたくさん覚えたところで、実際の業務活かすことができません。

実務で活かすためには、機能ではなく、作成するための知識が必要だからです。

 

ポイント

機能をたくさん覚えても実務で活かすことができない

まずは、作成するための知識が必要

 

MOSを取得することは無駄なんですか?

いいえ、無駄ではありません。
私は、日商PC検定の後にMOSの資格取得をおすすめしています。

先程お伝えしたように、まずは作成するための知識が必要です。そのため、日商PC検定をおすすめしています。

しかし、日商PC検定は、MOSよりも機能を身に付けられません。
就職した後に業務をしていく上で、もっと機能を知っておくべきだと思ったら、MOSの資格取得をすればいいと思っています。

 

ポイント

MOSの資格取得は無駄ではないが、まずは日商PC検定を取得しよう

 

文書作成3級についての内容
日商PC検定文書作成3級を分かりやすく説明します【一発合格の方法も解説】

 

事務職に活かすには複数の資格取得が必要です

1つの資格では活かすことができません。複数の資格取得が必要です。
それは、事務職のパソコン業務は、範囲が広いからです。

 

ポイント

1つの資格ではなく、複数の資格が必要です。

 

複数資格は何を取ればいいの?

日商PC検定の複数資格を取得しましょう。

 

おすすめの資格6つ

  • 文書作成3級
  • 文書作成2級
  • データ活用3級
  • データ活用2級
  • プレゼン資料作成3級
  • プレゼン資料作成2級

 

すべての3級と2級の資格取得をおすすめします。

 

そんなに資格取得しないといけないの?

他の人と差をつけたいのであれば取得をしましょう。
なぜなら、ここまで取得する人はあまりいないからです。

そこまで資格取得をしないで就職できる方もいますが、就職後のことも考えると取得したほうが絶対に良いです。

 

私の経験を踏まえて解説しました。
資格取得の参考にしてください。

-パソコン資格
-, ,

© 2021 su-san blog Powered by AFFINGER5